ものづくりとことだまの国

縄文・弥生・古墳時代の謎。古神社、遺跡、古地名を辿り忘れられた記憶、隠された暗号を発掘する。脱線も多くご容赦ください

祭り

京都 祇園祭 2019 山鉾 アート巡り(3) 後祭(あとまつり)巡行順(10基)

2019年京都祇園祭【後祭】山鉾巡行は7月24日(水曜日)平日 宵山(7月21日)。巡行順、全10基の写真です。 1 橋弁慶山 橋弁慶山、義経と弁慶 橋弁慶山、五条の大橋 橋弁慶山、右(屏風絵)源平合戦図 橋弁慶山 2 北観音山 北観音山 北観音山 北観音山 北観音…

高津神社(3) 道頓堀・上方落語の舞台 にぎわいの神社 高津宮 夏祭り 2019

高津神社 絵馬堂 高津の富 高津神社夏祭り2019年7月18日(木曜日)本宮祭 午前10時~(宵宮17日終了) ● 奉納落語会、午後6時半開場、開演7時(高津の富亭) ● 奉納舞台、午後6時~ ● 大阪メトロ、谷町九丁目下車・徒歩5分(千日前通り北側)、日本橋…

京都 祇園祭の歩き方 シルクロードの極東から、古代の国際感覚を想う

京都祇園 八坂神社のお祭り 祇園祭は貞観11年(869)に始まり、以来、千百年五十年続く八坂神社のお祭り。 「貞観」と云えば、東日本大震災で知られるようになった貞観地震(じょうがんじしん)が869年7月。 列島を襲った巨大災害が契機になったと想像でき、…

京都 祇園祭 2019 山鉾 アート巡り(2) 前祭(さきまつり)巡行順(11基・全23)

2019年京都祇園祭・山鉾巡行は7月17日(水曜日)平日 昨日の続きです。全23基のうち11基の写真です。 タペストリは、2016年の巡行当日のものも紹介しています。 鶏鉾はトロイの物語を描いていますが、兵士のカブトの羽が、トサカに似てるので「鶏」になりま…

京都 祇園祭 2019 山鉾 アート巡り(1) 前祭(さきまつり)巡行順(12基・全23)

※お詫び。当初、「イサクに水を供するリベカの図」を長刀鉾で紹介していましたが函谷鉾の誤りでした(7月16日) 2019年京都祇園祭・山鉾巡行(前祭さきまつり)は7月17日(水曜日)平日 巡行に向けて、昨日(7月14日)から各鉾町で山鉾が建ち始めました。 今…

生国魂神社 2019年夏祭り 7月11日(木) ~12日(金) 12日12時更新 渡御巡幸(おわたり)

※地元では「生玉」表記も多く、生玉神社と書いているところもあります 生国魂神社(いくたまじんじゃ、生玉神社、大阪市天王寺区生玉町)夕方(西日)がまぶしい 2019夏祭り情報 渡御(おわたり)は12日午前9:30から 生国魂祭は天神祭の「川の天神」に対し「…

高津神社(2) おおらかな人柄と恋愛遍歴が偲ばれる数々の仕掛け 主神・仁徳天皇 高津宮 夏祭り 2019

昨日に続き、高津神社(高津宮)の紹介と仁徳天皇について。 高津神社(大阪市中央区高津1丁目) 仁徳天皇(拝殿の肖像画) 夏の高津さんは緑、桜の頃 仁の風は宇宙を吹きわたり徳は乾きをうるおす。合わせて「仁徳」 狛犬。オスとメス 神社の西側に石段があ…

高津神社(1) 高き屋に昇りて見れば煙立つ「民のかまど」は賑ひにけり 主神・仁徳天皇 高津宮 夏祭り 2019

高津神社(大阪市中央区高津1丁目) 高き屋に昇りて見れば煙立つ「民のかまど」は賑ひにけり(高津神社境内・絵馬堂) 左は南側の鳥居。右は北側の石段 古代上町半島に宮を置いた第16代仁徳天皇を主祭神として、祖父の仲哀天皇、祖母の神功皇后、父上の応神…

大阪夏祭りの先駆け 愛染まつり 愛染堂 勝鬘院【二秘仏公開 雨を呼ぶ龍踊り 浴衣姿と愛染娘】

龍踊り 天神祭のだんじり囃子で舞う踊りを目の前でいち早く見ることができる。踊り手さんの動きと特に指先に注目。龍を表現している。雨を連れてくる踊り 愛染まつり・2019 愛染堂 勝鬘院(あいぜんどう しょうまんいん) 大阪市天王寺区夕陽丘町(大阪…

浅草神社。浅草寺。三社祭

東京で週末仕事だったが三社祭を見たくて、浅草に近いホテルをむりやり取った。 スカイツリーがよく見えるとフロントで奨められた合羽橋商店街からまっすぐ浅草寺に向かった。 雷門のある仲見世通りから入るのとは違うルートだ。 浅草神社は浅草寺と同じ境内…

三社祭 ライブ 20時追加あり

追加(20時)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村