ものづくりとことだまの国

縄文・弥生・古墳時代の謎。古神社、遺跡、古地名を辿り忘れられた記憶、隠された暗号を発掘する。脱線も多くご容赦ください

鹿島神宮。御神体に触れる飾らない古神社の趣

週末の東京行きのついでに鹿島神宮に御参りした。

ついでと言っても、房総半島の先端、茨城県鹿島市まで車で100キロ、往復200キロの行程であった。

朝七時ごろ着いたが、早くもお参りしている人が次々。鹿島アントラーズの必勝祈願に訪れている若者たちも多かった。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20190520083933j:plain
古い神社の赴きに触れたい時にはおすすめの神社だ

f:id:Kaimotu_Hatuji:20190520084047j:plain
タケミカズチ

f:id:Kaimotu_Hatuji:20190520084151j:plain
樹叢、楼門、本殿、奥宮、要石、御手洗の池

f:id:Kaimotu_Hatuji:20190520090110j:plain
楼門。奥に続く参道は森林浴に最適だ

f:id:Kaimotu_Hatuji:20190520120034j:plain

f:id:Kaimotu_Hatuji:20190520090243j:plain
拝殿。奥に本殿。朝から参拝の人が次々

f:id:Kaimotu_Hatuji:20190520090444j:plain
本殿は江戸時代の築。縦削ぎ

f:id:Kaimotu_Hatuji:20190520090855j:plain
アントラーズの由来。鹿島神宮の鹿

f:id:Kaimotu_Hatuji:20190520090951j:plain
樹叢の中に佇む奥宮

f:id:Kaimotu_Hatuji:20190520091453j:plain
要石のそば。大鯰(おおなまず)に乗るタケミカズチの神。地震ナマズのイメージの原点

f:id:Kaimotu_Hatuji:20190520091644j:plain
御神体の要石(かなめいし)小さいものだがイワクラ

f:id:Kaimotu_Hatuji:20190520091759j:plain
御手洗(みたらし)の池

f:id:Kaimotu_Hatuji:20190520100940j:plain
透き通った泉の中に鳥居がたっている

f:id:Kaimotu_Hatuji:20190520091911j:plain
おそらくもうひとつの御神体。こんこんと湧く水。出雲風に真名井(まない)と呼ばれるものだ。水はお持ち帰りできる

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村