ものづくりとことだまの国

縄文・弥生・古墳時代の謎。古神社、遺跡、古地名を辿り忘れられた記憶、隠された暗号を発掘する。脱線も多くご容赦ください

ポチっとお願い m(__)m ブログランキング・にほんブログ村へ

下鴨神社(4)賀茂御祖神社・姫神の社 お参り・見学・森林浴

賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)通称、下鴨神社

御祭神は玉依媛命(たまよりひめのみこと)、その父の賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)

毎年5月15日、上賀茂神社とともに行われる葵祭(あおいまつり)では京都の若い女性が務める斎王代(さいおうだい)は下鴨神社で御禊(みそぎ)をする。

斎王は「いつきのひめみこ」ともいい、古代に伊勢や賀茂の社に奉仕した未婚の内親王(皇族直系の姫)のこと。斎王代は斎王の代理という意味で、戦後復活した葵祭の主役。

こういう歴史から、下鴨神社には姫神様や斎王・斎王代ゆかりの社や建物が多数。その数はおそらく日本一と思われる。

この回では、女性のお参りや見学に合ったスポットをコースにしてピックアップしてみた。

美人祈願 河合神社 鏡絵馬。キレイ・可愛い・美しい。ひとりひとりが描く願い事。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20190716185712j:plain
河合神社 鏡絵馬

f:id:Kaimotu_Hatuji:20190718123320j:plain
下鴨神社 女性のお参り・見学

女性守護 日本第一美麗神 河合神社

御祭神は玉依姫命(たまよりびめのみこと)

古くは「鴨河合坐小社神社(かもかわあい(または、ただす)にいますおこそやけのじんじゃ)」と云われ、下鴨神社創建時からあった大変古い社。

賀茂川と高野川が合流する「川が合う」場所にある。で「可愛い」を打ち出した模様(汗)

「女性守護 日本第一美麗神」を看板にかかげる、女性には誠に頼もしい神社。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20190716191220j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20190718122915j:plain
河合神社 看板

f:id:Kaimotu_Hatuji:20190716185743j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20190716185830j:plain
鏡絵馬 境内休憩処 かりん美人水

古来より下鴨神社ではカリンを利用してきたようで、先日紹介した「カリンの庭」のほか、ここではドリンクも用意されている。

花梨(かりん)は果実が生薬、日本薬局方外生薬規格に木瓜(もっか)としてリストアップされていて、薬効は利水作用、鎮咳(のど飴)、鎮痛。

民間療法で果実酒・シロップにしたり、乾燥果実を煎じたりして咳止めや疲労回復に利用するそうだ。調べたら化粧水もあった。

縁結びの御神木 相生社(あいおいのやしろ)

御祭神は産霊神(むすびのかみ)

古代から縁結びの神として知られている。めでたいことを「相生」というのはここから始まった(説明板)

f:id:Kaimotu_Hatuji:20190716190145j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20190716190222j:plain

七不思議のひとつ。連理の賢木。縁結びの御神木。糺(ただす)の森には連理の木が多い。森林浴を兼ねて探すのもよい。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20190716190302j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20190716190115j:plain
連理の賢木

f:id:Kaimotu_Hatuji:20190716190015j:plain
相生社ガイド 子どもや孫の分もOK

花も団子も。井上社、別名・御手洗(みたらし)社

御祭神は瀬織津姫命(せおりつひめのみこと)

葵祭賀茂祭)に先だって、斎王代の御禊(みそぎ)がここの御手洗池で行われる。

盛夏の土用に近づくと御手洗池から清水が湧くとともに、池底から吹き上がる水泡は下鴨の七不思議のひとつ。

その様子をかたどってできたのが みたらし団子

姫さま(斎王、斎王代)だってお腹がへる。その想いが団子をかたどらせたに違いない。

なお、ここでおなかがすいても、みたらし団子のお店はないので、もう少し頑張ってお参りしましょう。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20190716190546j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20190716190509j:plain
水みくじのカップ

斎王代御禊の儀(葵祭)、足つけ神事(土用の丑の日)、矢取り神事(立秋前夜)

f:id:Kaimotu_Hatuji:20190716190746j:plain
斎王代御禊の儀 足つけ神事 矢取り神事

f:id:Kaimotu_Hatuji:20190716190648j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20190716190613j:plain
恋の行方を占う水みくじ

奥さまの竈(かまど)キッチン&レシピ 大炊殿(公開日に見学可)

*「奧さま」は「お滝さま」「弁天さま」とともに神名と考えています(開物発事)

www.zero-position.com

趣味と実用のガーデニング 葵の庭・かりんの庭(公開日に見学可)

www.zero-position.com

加茂みたらし茶屋(大炊殿に店主名で由緒書が展示されていた)

歩き疲れたら、いよいよ、みたらし団子。(冒頭の地図・左上)

大炊殿、葵の庭・かりんの庭を出たら、そのまま西へ。境内を出て車通りを渡ってすぐ(徒歩1分)

お雑煮(京白みそ、すまし)、あべかわ、いそべ巻、ぜんざい、わらび餅、白玉・・・各種あり。

加茂みたらし茶屋。京都府京都市左京区下鴨松ノ木町53。祇園祭長刀鉾ちまきが柱にかけられている。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20190717171311j:plain
加茂みたらし茶屋

www.zero-position.com

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村