ものづくりとことだまの国

縄文・弥生・古墳時代の謎。古神社、遺跡、古地名を辿り忘れられた記憶、隠された暗号を発掘する。脱線も多くご容赦ください

古代の宝石箱の謎 勾玉(まがたま)が褐鉄鉱に収められた深い意味 唐古・鍵遺跡

f:id:Kaimotu_Hatuji:20190906124053j:plain
唐古・鍵遺跡の宝石箱。ミュージアムの展示目録より

f:id:Kaimotu_Hatuji:20190906124042j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20190906124032j:plain
宝石箱が発掘された時の状態

勾玉(まがたま)。縄文の宝石は出雲文化に引き継がれた

勾玉は「縄文の宝石」とも云われる。

新潟県産の翡翠(ヒスイ)を加工したものが、北海道を含む全国の遺跡から出土する。

たいへん硬い鉱物を苦労して加工するのは、その鮮やかな緑色に理由があったのだろう。

日本の四季の始まり、新芽と若葉で彩られた春の山河は鮮やかな緑色。新緑の森の中から新しい命が生まれ、豊穣と繁栄がもたらされる。その喜びが永遠に続く願いを勾玉の緑に込めたと云われている。

面白いのはその形。数字の「6」あるいは「9」の「○」の中に、小さな目のような孔が通される。

諸説あるが「胎児」だと考える。生物はすべてあの形から始まる。縄文の人々は動物や魚を食べていたからよく知っていたはず。

新緑と胎児のカタチ、海と山、動物と植物・・・「すべての生命の始まりのシンボル」は出雲文化に引き継がれた(玉造、花仙山、瑪瑙、メノウ)

出雲族は、海・山の縄文の人々と習合しながら拡がり、列島各地で古代のクニ造りを進めたが、その平和的融合のシンボルのひとつが勾玉だと考えている。

*****

さて、唐古・鍵遺跡の宝石箱。

前回書いたように、箱(中空の褐鉄鉱)は「鈴なり」に通じる。

さらに以前に書いたが「鈴なり」は物部氏の祭祀のシンボル(一方、軍事のシンボルは「矢」)

www.zero-position.com

古代(弥生)の宝石箱が物語るもの ★★

金属鈴が造られる前、つまり、自然の褐鉄鉱の中から良品を厳選した「土鈴」の時代の話として。

「出雲・縄文」と「物部氏」のシンボルがひとつの「カタチ」になった

それぞれの至宝を持ち寄って、神聖な祭祀場、ひとつ所に埋納したのだ。

その意味することは?そして何を祈ったのか?

古代の大和湖畔、葦(アシ)の原が眼前に広がる唐古・鍵で、日本古代史における大きな転換点があった気がする。

出雲のクニビキと物部のクニウミがクロスした場所。

もし史実ならば、ヤマトでクニが生まれた「経緯と理由」を考えるための貴重な物証になる。ゆえに、宝石箱はプライスレス「国宝級」だ。

少なくとも、このような「カタチ」での出土例は、私が知る限り、他にない。

芽生の御神鏡(住吉大社・種貸社)

さて、前回紹介した住吉大社・種貸社の「鈴生りの御神鏡」の隣には、もうひとつの御神鏡が置かれている。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20190907191204j:plain
芽生の御神鏡

出雲(いずも)は早春の芽吹きを表現する「生(出)ず芽(イズメ)」を語源とする説がある。

後の時代に「出雲」と書かれるようになり今に至ったという。

そして「雲」は森や海を生活圏としてあまねく存在する「縄文時代からの人々」のこと表す表現とも云われる。

このあたりは、日本最古・スサノオの和歌でも推理可能だ。

八雲立つ 出雲八重垣 妻籠に 八重垣作る その八重垣を(古事記

やくもたつ いずもやえがき つまごみに やえがきつくる そのやえがきを

そう言えば、唐古・鍵の環壕集落ジオラマは「八重」で再現されていた 笑

f:id:Kaimotu_Hatuji:20190908021838j:plain
唐古・鍵考古学ミュージアムの環壕集落の復元ジオラマ

続く。

唐古・鍵考古学ミュージアム(宝石箱と宝石の展示)

遺跡史跡公園から南約2キロにある「田原本青垣生涯学習センター」2階(田原本町立図書館も併設。たわらもと)

ナビで住所または施設入力する場合:奈良県磯城郡田原本町阪手233-1、田原本青垣生涯学習センター

入場無料

古代妄想レベル:★★★=MAX ★★=MEDIUM ★=MIN or A LITTLE

www.zero-position.com

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村