ものづくりとことだまの国

縄文・弥生・古墳時代の謎。古神社、遺跡、古地名を辿り忘れられた記憶、隠された暗号を発掘する。脱線も多くご容赦ください

にほんブログ村・ポチっとお願いブログランキング・にほんブログ村へ

【哀しみの呼応(2)】大和二上山より 磐余の池の鴨と雲★★★【鳥谷口古墳】

まとめ

幼い頃に自分たちを守るべき母を亡くした幼い姉弟。大伯皇女と大津皇子はお互いに大切な家族。運命は二人をあの世とこの世に引き裂きます。姉は約束どおり、自分が居るところが見える二上山の麓に弟を葬った。。。のでしょうか

目次

本文

f:id:Kaimotu_Hatuji:20200816021429j:plain
二上山の南東麓 大池 中央やや左の木のないところが鳥谷口古墳

(昨日の続きです)

www.zero-position.com

ももづたふ 磐余の池に鳴く鴨を 今日のみ見てや 雲隠りなむ

大津皇子(おおつのみこ)、万葉集巻3-416)※ももづたふ=磐余の枕詞、磐余の池=吉備池、雲隠り=死んで行くこと、と一般的に解釈されます

磐余(いわれ)の池に鳴く鴨を見るのも今日限りで、私は死んでゆくのだろう

この詩は辞世の句で「大津皇子の死を被(たま)はりし時、磐余の池の堤にして涙を流して作らす御歌一首」と注釈がつけられています。

無念だったろうと思う一方、まるでこの日を予見していたかのような 諦観 を感じます。

大津皇子の墓(二上山・雄岳山頂)

反逆の嫌疑をかけられ、自害させられた大津皇子の亡骸は二上山に葬られます(686年。享年24才)

二上山の雄岳山頂付近には、宮内庁が比定する大津皇子の墓があります。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20200816092006j:plain
二上山 雄岳山頂 大津皇子の墓(写真はWikiより)

しかし、ここは後に移葬された墓で、はじめに埋葬されたのが鳥谷口古墳(方墳)だとも云われています。

鳥谷口古墳(とりたにぐちこふん。奈良県葛城市染野)

f:id:Kaimotu_Hatuji:20200816020949j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20200816021403j:plain
鳥谷口古墳(奈良県葛城市染野)

1983年、大池のそばで工事中に偶然発見され、周辺地名から鳥谷口古墳と名付けられました。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20200816021452j:plain
鳥谷口古墳 説明パネル

二上山の凝灰岩を使用した石棺が見えますが、内径が幅約0.6m、長さ1.58m、高さ0.7mという小さなもの。また開口部(横口)も小さく『大人一人の遺骸を石棺内におさめることは困難で、したがって火葬骨または改葬骨が納められていたと考えられる』と葛城市歴史博物館の資料に書かれています。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20200816021056j:plain
鳥谷口古墳 横口式石棺

鳥谷口古墳からの眺望

鳥谷口古墳のひとつの特徴は、周辺に他の古墳がないことです。

万葉集などの史料を見ても、二上山に葬られたのは大津皇子ぐらいしかいません。しかし副葬品も含めて、考古学的な証拠はひとつもありません。

ひそかな二人だけの会話★★★

古代妄想レベル:★★★=MAX ★★=MEDIUM ★=MIN or A LITTLE

私はただの古代妄想ですから、資料を読んで、とりあえず気になる現場に足を運んで妄想を膨らませます。

墳丘から大和盆地をながめて、ただただ驚きました。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20200816021327j:plain
鳥谷口古墳 墳丘上からの眺望 大和盆地と畝傍山

特徴的な台形の畝傍山が見えます。

畝傍山の向こうが磐余(いわれ)。眺望の中に、姉の大伯皇女(おおくのひめみこ)が弟を想い詩を詠んだ吉備池があるはずです。

姉弟がこの世とあの世の「サカイ」を超えて対面する。

呼応する景色の哀れさを想うと胸が熱くなりました。

墳丘に立ち二人の詩を詠んでいますと、

「姉ちゃん。もし俺が死んだら、あそこに見える聖なる山に埋めてくれよ」

「できれば俺の方から、姉ちゃんの居るところ(吉備池)が見えるといいなぁ」

いつか姉弟が交わした、二人だけの、ひそやかな会話が聞こえる気がしました。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20200816021013j:plain
鳥谷口古墳から 磐余の方角

日本の詩人の詩による6つの歌曲

ロシアの作曲家、ショスタコーヴィチが、大津皇子の辞世の句を歌曲(第2番・自害の前に)にしていました(この方面は詳しくありません。記事を書いていて知りました)

www7b.biglobe.ne.jp

(歌詞はコピペです。)

木の葉は舞い散り

濃い霧が湖を覆っている

野生の鴨は驚いたように鳴いている

この聖なる磐余(いわれ)の池に

陰鬱な夢が我が頭を翳らせ

我が胸は重い

一年の後、再び鴨の鳴き声が響こうとも

もはや私は聞くことはないのだ

f:id:Kaimotu_Hatuji:20200815193827p:plain
天智・天武系図

ブログランキング・にほんブログ村へポチっとお願い