ものづくりとことだまの国

縄文・弥生・古墳時代の謎。古神社、遺跡、古地名を辿り忘れられた記憶、隠された暗号を発掘する。脱線も多くご容赦ください

にほんブログ村・ポチっとお願い PVアクセスランキング にほんブログ村

【伏見稲荷大社】めくるめく赤の世界に目がまわる

はじめに

お稲荷さんの総本社 #伏見稲荷大社 に参拝。一の鳥居からの参道ー楼門ー外拝殿ー本殿は、御神体山 #稲荷山 の頂を正面にライン上に並んでいます。山腹の #千本鳥居 を進みながら、めくるめく赤と現世御利益祈願の世界を見ることになります

目次

本文

f:id:Kaimotu_Hatuji:20210106073055j:plain
伏見稲荷大社京都市伏見区深草

先日紹介したサンゴロウつながり(三五郎稲荷、三狐呂稲荷)で気になることもあり、あらためてお稲荷さんの総本社、伏見稲荷大社に参拝。

『一の鳥居からの参道ー楼門ー外拝殿ー本殿』は、御神体山の稲荷山の頂を正面に遥拝するように並んでいます。

参拝用の境内図は、そのラインをわずかにズラして描かれています。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20210106072803j:plain
伏見稲荷大社 境内図

f:id:Kaimotu_Hatuji:20210106073036j:plain
伏見稲荷大社 楼門

f:id:Kaimotu_Hatuji:20210106073000j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20210106073019j:plain

伏見稲荷大社 外拝殿 年賀のお供え物がたくさん

参拝した一月五日は大山祭の日。稲荷山に鎮座する神々を祀る行事で、山頂・山麓神蹟七か所*1 に新しい注連縄を張る「注連縄張神事、しめばりしんじ」が斎行されるとのこと。

伏見稲荷大社 本殿

めくるめく赤と現世御利益祈願の世界

伏見稲荷といえば千本鳥居ですが、もう、ぎっしり!これ一本ずつ奉納物です。

伏見稲荷大社 千本鳥居

江戸期からさかんになったようですが、特に明治の神仏分離以降、事業の成功や商売繁盛といった現世御利益を願う人たち(個人、商家、会社など)がこぞって奉納し続けています。それぞれの鳥居の裏(帰り道に見える)に奉納時期と奉納者の名が刻まれているのですが、私がみた山麓の範囲で、鳥居のほとんどが平成のものでビックリしました。昭和以前のものは取り換えられて、どんどん新陳代謝がおこなわれている様子。

伏見稲荷大社 千本鳥居

千本鳥居の途中にある根上がりの松。すでに枯れていますが、根が地表に持ち上がっていることからその名が付いたそう。値(根)が上がるのを待つ(松)ということで、証券会社や株売買をする人からの信仰を得ているそうです(説明板より)

値上がりの松

途中、熊鷹社あたりの「お塚」。おそらく江戸期以降、明治期のものが多いと思いますが、山麓にはこういった小神社様式の「お塚」が傾斜地の猫の額ほどの場所にぎっしり詰め込まれています。景色よりも、人々の想念が渦巻いている感じで、そちらの方が怖いです。笑

伏見稲荷大社 熊鷹社あたり お塚

伏見稲荷大社熊鷹社あたり

伏見稲荷大社 熊鷹社

このなんでも「神さん」にしてしまうパワーはすごいですね。真っ赤っ赤。鳥居の中の石碑には〇〇大神、△△大神がオンパレード。もう何でもありです。

伏見稲荷大社 熊鷹社あたり 土産物屋さん前のお塚

お口直しに稲荷山・荒神峰から京都の景色。

京都市内方向 稲荷山・荒神峰から

今日は奥さんと一緒、もうシンドイということで下山。また別の日に上をまわってきたいと思います。たぶん、下とはまた違う景色があるはずと考えています。

赤い守矢。こういうものも探しにきたひとつです。

伏見稲荷大社 守矢

玉屋さんの名物・大名弁当

4,000円ぐらいで、ちょっとお高いですが、引きこもりの正月でしたから少し贅沢に。

箸のおき方がいつも雑でスミマセン。

なお玉屋さんのマークは「宝珠」。一の鳥居からすぐ、JR伏見駅前。

大名弁当 天ぷらバージョンと鰻バージョン

宝珠とは、例えば、狛狐の基壇に彫られた「桃」に似た造形物。お稲荷さんの御神前や御神紋としてよく見ますね。

最近、神社の狛犬さんも含めて、あそこに目が行きます。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20210106103515j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20210106103553j:plain

ブログランキング・にほんブログ村へポチっとお願い

アラハバキ解・汎日本古代信仰の謎に迫る(新章公開)

novel.daysneo.com

*1:一の峰上社、二の峰中社、三の峰下社、間ノ峰の荷田社、長者社劔石、荒神峰の田中社、御膳谷