ものづくりとことだまの国

縄文・弥生・古墳時代の謎。古神社、遺跡、古地名を辿り忘れられた記憶、隠された暗号を発掘する。脱線も多くご容赦ください

にほんブログ村・ポチっとお願い PVアクセスランキング にほんブログ村

【転法輪の話(2)】太陽祭祀 アマテラスに奉祀する姫巫女の伝統【豊御食炊屋姫/推古天皇】★

はじめに

転法輪の歴史を書き始めると長くなるので何回かのシリーズで。法輪の図に込められた意味と日本の歴史における変遷。#日祀部 #推古天皇 #豊御食炊屋姫 #トヨ #厩戸皇子 #五条宮 #四天王寺

目次

本文

前回。

www.zero-position.com

釈迦の教え 初転法輪

ほぼWikiからの受け売りです(笑)間違ってたらゴメンナサイ。より詳しくはこちらをご覧ください。

ja.wikipedia.org

釈迦が弟子らにはじめて仏教を説いた時、核心となったのが『四諦』『八正道』『中道』。

悟りの道の原則が『四諦』、物事に対するスタンスが『中道』、行いが『八正道』というところでしょうか。

『中道』は、足して二で割ることではなく、なにごとも両極端(快楽と苦行など対立するもの)を離れるという教えだったんですね。この年で知りました。

『八正道』は英語の方が直観的にはわかりやすいです(Wiki『八正道』より)

f:id:Kaimotu_Hatuji:20210420144223p:plain
八正道(転法輪)上から右回りに、正見、正思、正語、正業、正命、正精進、正念、正定

日本仏法最初の転法輪

f:id:Kaimotu_Hatuji:20210420151659j:plain
石鳥居の横『大日本佛法最初四天王寺』の碑

四天王寺の伽藍中心の転法輪石を考えるほどに、

巫女であり大王である推古天皇の太陽祭祀(日祀(ひまつり)神道)を、仏教の教え(転法輪)と和合させた聖徳太子厩戸皇子)の天才と苦心に、驚くとともに頭が下がります。

日本で、天竺(インド)にはなかった方位の概念が含まれたのは、こんな事情があったように思います。

日祀部(ひまつりべ)のトヨ ★

古代妄想レベル:★★★=MAX ★★=MEDIUM ★=MIN or A LITTLE

さて、謎の日祀部(ひまつりべ)。

神道を重視したと云われる敏達天皇は『誰の』発案で『どこに』その組織(制度)を置いたのでしょうか。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20210421121430j:plain
【欽明系図】謎の日祀部(ひまつりべ)は敏達天皇の代に制度化(日本書紀敏達六年)

推古天皇の名は、豊御食炊屋姫(とよみけかしきやひめ)。

www.zero-position.com

春分秋分の日に)姫巫女は炊屋(かしきや)にこもり、神様(アマテラス)の食事(神饌=御食)を供する。。伽藍の中の龍の井戸。。トヨ

伊勢外宮の豊受大神(とようけおおみかみ)の トヨ に通じます

垂仁天皇(第11代)の皇女、倭姫(やまとひめ)以来の伝統を、豊御食炊屋姫が受け継いだとしたら。。。

四天王寺の前、そこにあったものの意味が見えてきます。

五条宮は欽明-敏達の宮で四天王寺の至近。御祭神は敏達天皇。橘(たちばな)の紋。

個人的には欽明天皇の難波祝津宮(なにわはふりつのみや)は五条宮(周辺)で、敏達の崩御後は推古天皇の私的管理になり、後の四天王寺の創建(593)に関係したと考えています。

(写真中央:左の門柱碑に欽明の文字)

f:id:Kaimotu_Hatuji:20210422022646j:plain

(続きます。次回は八角墳について)

PVアクセスランキング にほんブログ村ポチっとお願い

f:id:Kaimotu_Hatuji:20210420102558j:plain

アラハバキ解 第42章公開 ヒスイのものづくり史(6)浮かび上がる河内期・物部氏

古墳時代中期 #鉄器の需要が急増。原料鉄の輸入対価として #硬玉ヒスイ が集められ韓半島マーケットに輸出。#物部氏サプライチェーンを支配

novel.daysneo.com