ものづくりとことだまの国

縄文・弥生・古墳時代の謎。古神社、遺跡、古地名を辿り忘れられた記憶、隠された暗号を発掘する。脱線も多くご容赦ください

にほんブログ村・ポチっとお願い PVアクセスランキング にほんブログ村

【小袋石】中央構造線上に鎮座する巨大な磐座(マザーストーン)

はじめに

諏訪信仰の根源(マザーストーン)とも云われる磐座 #小袋石 参拝。御神域の参道(山道)に並ぶ #磯並四社 は重要視されている割に由緒伝承がなく、ゆえに諸説あり難解🤔

目次

本文

小袋石(こぶくろいし、おふくろいし)が鎮座する諏訪大社境内地

(35.9895109111273, 138.12409274980013)/長野県茅野市宮川 高部635/諏訪大社上社前宮から徒歩約30分。駐車場はありません。近くの道路に通行の妨げにならない程度のスペースあり。

御神域への入口立札に、ここが諏訪大社の境内地(飛び地)であることが書かれています。

諏訪大社 境内地への橋

一帯は縄文時代も含む磯並遺跡の地で、その意味で縄文以来の諏訪信仰の原初(あるいは諏訪大社の元宮)という見方もあるようです。

小袋石(こぶくろいし、おふくろいし)

案内:小袋石と磯並社)諏訪七石のひとつで磐座(いわくら)信仰遺跡である。別名「舟つなぎ石」ともいう。高さ六間五寸、横四間二尺と古図にある。小山のような石である。小松数本が石の割れ目に自生し、塚上に舟をつなぎ易い杉が見られる*1太古、諏訪湖の水がここまでついていて、舟を繋いだと言い伝えられている。小袋石の下方に石の祠があり「磯並社」である。大祝職位の時の 上十三所御社参 の重要祭場のひとつ。近くに瀬明神・穂股明神・玉尾明神もあったという。古図 によれば、神事屋・舞台・五間廊・帝屋*2などがあって、旧暦三月牛日祭りには、草花でかつらをつくり、額にかける風習があった

案内中「古図」というのは「(諏訪大社)上社古図(中世、天正年間)」のことで、写本が数本残されており、うちひとつは神長官守矢資料館に展示されています。

(資料館の古図は撮影禁止のため、本記事では「八ヶ岳原人」さんのブログに紹介された古図(詳細な写真)を閲覧できるよう各社ごとにリンクしておきました)

実際、諏訪大社上社では、磯並四社を重要視しており、現在でも四月に祭礼が行われています。

諏訪大社上社の境外三十九社は上十三所、中十三所、下十三所と分けられていますが、案内の通り、磯並四社はいずれも「上」に含まれます。

磯並社(いそなみしゃ)

斜面を上ってゆく途中、最初の石の祠の磯並社。四方に真新しい御柱

なお、磯並社も含めて、当御神域の四社とも「舟形」の石の上に立てられています。

磯並社

八ヶ岳原人さんのブログ(磯並社・磯並大明神)

諏訪大社の記録によると、御祭神は「玉依姫命、池生神」だそうです。

玉依姫命が御祭神となると、諸説あるでしょうが「舟形」や「草花でかつらをつくり、額にかける風習」など、デジャブ(既視感)…このあたりは次回以降、妄想考察😀

瀬神社(せじんじゃ)

少し進んだところに二つ目の石の小祠。瀬神社と書いてあります。

瀬神社

御祭神は不明。一説に須瀬理比売命(すせりひめ)

「瀬」の字が入る社名。興味ありますねぇ。このあたりも次回以降に。

穂股社(ほまたしゃ)

このあたりから山道っぽくなり、前方にまた石の小祠。

穂股社(ほまたしゃ)

こちらも御祭神は不明。一説に御井神(みいのかみ)

八ヶ岳原人さんのブログ(穂股社・穂股大明神)

玉尾社(たまおしゃ)

最後の四つ目の石の小祠は玉尾社。

玉尾社

御祭神は不明。一説に興玉命*3(おきたまのみこと)

八ヶ岳原人さんのブログ(玉尾社・玉尾大明神)

(以前記事中で紹介した諏訪の語り部(ユー・チューブ動画)は「ニギハヤヒ」と言ってましたが、根拠となるような情報は現時点では見つからず)

www.zero-position.com

小袋石(こぶくろいし、おふくろいし)

玉尾社の右側に巨岩。これが 小袋石

高さ12.3メートル(六間五寸)、最大横幅7.8メートル(四間二尺)…見上げる大きさ。

小袋石

裏側が山の斜面の高い方。小さな水の流れの上にドスンと鎮座しているのがよくわかります。

(写真左は小袋石を見下ろす斜面の位置から。写真右は振り返って斜面の上の方)

実は、この水の流れが、地殻の亀裂、つまり、中央構造線 だそうです。

小袋石

小袋石

小袋石

PVアクセスランキング にほんブログ村

*1:参拝時、観察しましたが、松や杉はありませんでした。代わって小さな木が数本生えていました

*2:八ヶ岳原人さんのブログ(勅使殿(帝屋・御門戸屋)に紹介された諏訪大社上社本宮の勅使殿が参考になる

*3:猿田彦とも。参考:猿田彦大神がどうして興玉神(おきたまのかみ)と呼ばれるのか? (ku- さん(id:regenerationderhydra