ものづくりとことだまの国

縄文・弥生・古墳時代の謎。古神社、遺跡、古地名を辿り忘れられた記憶、隠された暗号を発掘する。脱線も多くご容赦ください

ポチっとお願い m(__)m ブログランキング・にほんブログ村へ

信濃と大阪・上町台地(2)御神渡りは厳冬期の七夕 諏訪大社・古代妄想ガイド★★

本記事(信濃と大阪・上町台地シリーズ)は、大阪上町台地住人の私が古代大阪のスコープから古代信濃を覗くように考察しました。古代妄想レベル★★としてご覧ください。

古代妄想レベル:★★★=MAX ★★=MEDIUM ★=MIN or A LITTLE

www.zero-position.com

f:id:Kaimotu_Hatuji:20190703133432j:plain
諏訪湖 御神渡り(おみわたり)

諏訪湖中央構造線のほぼ真上、構造線が落ち込んでくぼんでところに湖ができた。地図の白い矢印、上川から水が流れ込み、天竜川に流れ出す。水の流れから「上社」と「下社」と名付けられたという説もある。御神渡り諏訪湖の南東から北に2本、南西から東に1本の合計3本の「道」でせり上がることが多いという。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20190603180813p:plain
諏訪湖 中央構造線の真上

*****

真逆の季節ネタだが、諏訪大社といえば「御神渡り(おみわたり)」

温暖化が原因で全面結氷の日数が減り、起こらない年が増えているという。

www.mtlabs.co.jp

地元の方が書かれたと思われるこの紹介記事中、気になる一文。

御神渡り諏訪大社上社の「男神」が下社の「女神」のもとへと渡る恋の道、という言い伝えがあり・・・

厳冬期の七夕 のようなロマンティックな話だが、

おやっ?と思った

先日、大阪・住吉大社の記事(出雲・女神ラインと物部・男神ライン)

www.zero-position.com

住吉さんについてまとめた中で、私が神社めぐりをするときの「出雲後物部(いずも・のち・もののべ)」考察ルールを紹介した。

住吉さんでは、古い「出雲=女神ライン(南北)」に乗っかるように、それよりも後の「物部=男神ライン(東西)」がクロスしている、

その中で、諏訪大社は、下社が「(元)出雲」上社が「物部」と書いた。

根拠は単純で、下社には神楽殿の大注連縄(おおしめなわ)があったのに、上社にはなかったからだ。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20190703095530j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20190703095225j:plain
春宮・秋宮の神楽殿と大注連縄

遠く離れているが「住吉さんルール」で、下社を「女神=出雲」、上社を「男神=物部」とすると、

御神渡り「恋の道」の話は「出雲後物部」のこん跡と考えることもできる

さらに「モノノベ式の浮島様式に変えられた」であろう点も、下社を(元)出雲と考えた理由だ。

観光用に新造されたものは別にして、正鳥居の前に太鼓橋(そり橋)を置いて様式化するのは、その典型的なやり方だ。

本来、古いイズモ式はイワクラ祭祀(辺津-中津-沖津・奥津)であり、人工的な反り橋や浮島様式による厳密な表現はない。

モノノベ式の反り橋は「天の浮橋、神橋」、その渡った先が「聖域、神島」という考え方。

春宮・秋宮はもとイワクラ祭祀であったが、後にモノノベ式に変えられた可能性を考えている。

ゆえに神楽殿の「大注連縄」で上社とは、発祥が違うことを表現(主張)しているのではないだろうか。

左上:下社秋宮(鳥居前に太鼓橋)、右上:下社春宮(鳥居の向こうに太鼓橋)、左下:上社元宮(太鼓橋なし)、右下:上社前宮(太鼓橋なし)

f:id:Kaimotu_Hatuji:20190603144230j:plain

春宮には神域最古とされる木造の太鼓橋が、正面鳥居の外、約二百メートルのところに孤立した状態で現存している。

ガイドさんに聞くと「昔の神域がそこまであった」とご説明いただいたが、

そもそも、なぜ、その場所に、そのような最古の建築物が残されているのかという(少し意地悪だったかな?)質問には「確定した答えがないのでわからない」と答えていらっしゃった。

諏訪大社下社・春宮の太鼓橋。昔はここから先は神域ですべての参拝者はここで下乗下馬した。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20190703103236j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20190703135532j:plain
諏訪大社下社春宮 太鼓橋

f:id:Kaimotu_Hatuji:20190708090701j:plain
諏訪大社下社春宮

諏訪大社シリーズの検索:テーマ直下カテゴリー「諏訪大社」クリック。または検索窓「諏訪大社」入力

古代妄想なしバージョンの簡単ガイドはこちら

www.zero-position.com

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村