ものづくりとことだまの国

縄文・弥生・古墳時代の謎。古神社、遺跡、古地名を辿り忘れられた記憶、隠された暗号を発掘する。脱線も多くご容赦ください

にほんブログ村・ポチっとお願い PVアクセスランキング にほんブログ村

【奈良 倭文神社(2)】大蛇のすすんぼ神事 仲立ちが得意な神衣の織部 倭文氏の伝承

はじめに

奈良市の #倭文神社(2回目)。例祭では大蛇に見立てた #すすんぼ を燃やします。#大蛇伝説 #蛇塚神社 などヘビにまつわる話の多い神社。#倭文氏 は #神衣 の織部で、もめ事を仲立ちするのが得意な一族だったと伝えられます。タテ糸とヨコ糸を綴るからでしょうか #三種の神器 #春日大社

目次

本文

首だけ残った大蛇伝説。奈良市の倭文(しずり)神社(奈良市西九条町二丁目14-2)の続きです。

www.zero-position.com

蛇祭とすすんぼ(笹ヘビ)

倭文神社(しずりじんじゃ)の例祭(毎年十月十日)は『蛇祭』として知られており、『すすんぼ』とよばれる大蛇に見立てた5メートルぐらいの笹竹を束ねたものをつくり、町内を練り歩いた後、境内の木にかけて燃やします(地元の方談)

近年は、防火のため、先っぽだけ燃やしてから、手水舎の向こうの広場で燃やすそうです。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20201218143756j:plain
すすんぼをたてかけて燃やす倭文神社境内の木(斜めの木)

倭文(しずり、しとり)とアラハバキのこん跡を探しに参拝したのですが、大蛇伝説、蛇塚(じゃづか)神社(八坂神社とも)、すすんぼ(笹ヘビ)。3点セットで登場しました。

(神社のヘビ信仰はアラハバキに関係があると考えられ、ひとつの発祥地と考えられる出雲(島根)・伯耆鳥取)には、御神木や荒神さんに藁ヘビを巻くスタイルが今でも残っています。)

*****

境内の隅に注連縄の巻かれた大きな樹があり、もしや!と思い聞くと「(これは)御神木ではなく、注連縄を巻いて拝んでいる人がいる」ということ。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20201218143735j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20201221183839j:plain
広場と境内の間に注連縄の巻かれた大きな樹

樹の根のウロになったところに白い小石がぎっしり。巳(み)さんの好きな玉子に見立てているのでしょうか。

ヘビを祀る御神木に撒かれていることが多いものです。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20201218143653j:plain

f:id:Kaimotu_Hatuji:20201218143818j:plain

鏡と玉と剣の話

前回、倭文神社のそばの蛇塚(じゃづか)神社を紹介しましたが、その隣に小社が二つの御旅所(おたびしょ)。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20201218144331j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20201218144309j:plain
倭文神社 御旅所

御旅所は祭礼(渡御・神幸)の時に、本殿から出た御祭神が一時的にとどまる所です。

通りがかった地元の方に聞くと、倭文神社御神体は鏡と玉と剣らしく、そのうちの二つが例祭で本殿を出て、この御旅所に鎮座するとのことでした。

一連の神事は春日大社神職さんが執り行い、氏子さんも、御神体を直接、見ることはないそうです。

まさに三種の神器。こういう祭式が、静かな町で行われていることに驚きます。奈良は奥深い!

倭文氏のこと

地域では、倭文氏は「仲立ち」が得意な一族だったと伝承されているそうです。

倭文氏は、古代、神衣(かんみそ、しんい、など)の織部(おりべ)ですが、タテ糸とヨコ糸を織るように、もめ事を解決したのでしょうか。

帰りがけ、本殿を仰ぎ見た空。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20201221193654j:plain
倭文神社 本殿

ブログランキング・にほんブログ村へポチっとお願い

アラハバキ解・汎日本古代信仰の謎に迫る(連載中)

NOVELDAYSは講談社が運営するサイト。誰でも登録・投稿できます

novel.daysneo.com

ブログランキング・にほんブログ村へポチっとお願い