ものづくりとことだまの国

縄文・弥生・古墳時代の謎。古神社、遺跡、古地名を辿り忘れられた記憶、隠された暗号を発掘する。脱線も多くご容赦ください

にほんブログ村・ポチっとお願い PVアクセスランキング にほんブログ村

【熊野若王子神社】後白河法皇の創建 洛中熊野三山の一社

はじめに

京都東山(白川)#哲学の道 の南の起点に #熊野若王子神社。#後白河法皇 建立 #洛中熊野三山 の一社。熊野の那智大社に対応。御神紋は梛(なぎ)の葉をくわえた #八咫烏(やたがらす)。かつて境内にあった地仏堂の薬師如来坐像は国宝(奈良国立博物館蔵)

目次

本文

哲学の道と琵琶湖疎水分線(白川とも合流して流れる)

京都東山の山端。

京都大学の哲学者・西田幾太郎(きたろう)が、毎朝この道を歩き、思索に耽ったことから 哲学の道 と名付けられました、

熊野若王子神社 由緒と御神紋

(35.0158905187675, 135.7962476246519)/京都市左京区若王子町2/岡崎神社より東へ徒歩15分

約2キロの哲学の道の南の起点に、にゃくおうじばしと熊野若王子神社

にゃくおうじばし。橋を山の方に渡ると熊野若王子神社

熊野若王子神社

御祭神:国常立神(くにとこたちのかみ)、伊佐那岐神(いざなぎ)、伊佐那美神(いざなみ)、天照皇大神(あまてらす)

『鎌倉殿の十三人』で、西田敏行さんの怪演が素晴らしかった 後白河法皇 が、那智熊野権現を勘請(お招き)、桜と紅葉で有名な永観堂禅林寺)の守護社として建立されました。(永観堂は当社から西へ徒歩10分)

熊野三山本宮大社・速玉大社・那智大社)は、平安京に洛中熊野三山として勧請され、熊野若王子大社は那智大社に対応します。

熊野若王子神社 御由緒

御神紋は、梛(なぎ)の葉をくわえた八咫烏(やたがらす)

梛(なぎ)の葉をくわえた八咫烏(やたがらす)

熊野若王子神社 境内

熊野若王子神社 拝殿・御本殿

熊野若王子神社 右近の橘 左近の桜

東の若王子山 日の出

拝殿前には、かつて境内にあった地仏堂の宝形(ほうぎょう)。

地仏堂の御本尊だった薬師如来坐像(東の守護。アマテラスの化身)は、明治の神仏分離で移され、現在は国宝として奈良国立博物館に収蔵されています。

拝殿前に残された地仏堂の宝形(ほうぎょう)

www.narahaku.go.jp

末社・夷川恵比寿社と恵比寿神

熊野若王子神社 浮橋

PVアクセスランキング にほんブログ村ポチっとお願い