ものづくりとことだまの国

縄文・弥生・古墳時代の謎。古神社、遺跡、古地名を辿り忘れられた記憶、隠された暗号を発掘する。脱線も多くご容赦ください

にほんブログ村・ポチっとお願いブログランキング・にほんブログ村へ

古代・住吉津をイメージしてみる

はじめに

古代難波の #住吉津(住吉の港)の様子を知りたくなり、少し遊んでみました。以前に紹介した #国土地理院 の 自分で作れる #標高図 。青色が弥生~古墳時代の海というイメージ。住吉津は入り江の大きな良港だったようです

目次

本文

古代・住吉津をイメージしてみる

濃い青色が、現在の海抜0~5m地帯で、弥生・古墳時代には浅い海、それよりも薄い色は海岸線の陸地、あるいは潟(がた)のようなところだったと仮定しています。

記事末の大阪歴史博物館大阪平野の発展パネルと照合すると、河内湖南岸の形成状態から、弥生後期~古墳時代のころの地形というイメージです。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20210127110129p:plain
大阪市内 標高地図。濃い青色=0-5m地帯

住吉大社あたりをさらに拡大しましたが、住吉津は入り口が狭く、奥は大きな入り江で波静かな良港 だったようです(水深が数メートルもあれば、当時の舟はOK)

住吉大社(現在の本殿域)、生根神社(いね)、大海神社(だいかい)、住吉行宮正印殿も、それぞれ、なぜそこに鎮座しているのかよくわかりますし、特に住吉大社と行宮は入り江に出入りする灯台?、また、監視所のようなものだったのかも知れません。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20210204083825p:plain
古代住吉津あたり。点線は住吉大社仁徳天皇陵ライン(昨日紹介)

昨日記事のブックマークで、Green(id:shiho196123)さんが「住吉さん、貝殻が未だに拾えます」と書いてくださいましたが、それもそのはずですね。

www.zero-position.com

難波大隅宮(なにわのおおすみのみや)

お母さんが神功皇后、息子が仁徳天皇という、第15代応神天皇の行宮(あんぐう)と日本書紀に伝えられる難波大隅宮。その場所は不明です。

淀川河口域の大阪市東淀川区に伝承地はあるのですが、私は住吉あたりと考えています。

大きな理由として、応神天皇が海人の安曇族の海運力をリソースに、はるばる瀬戸内海からやってきて、とりあえず宮を営むなら、住吉津が最適です。

宮を置くには、大集団の飲料水と食料を確保する問題が生じますが、当時の難波・古代上町半島では、巨大交易港であった住吉津がその条件に適っています。

それに、大きな隅(スミ)で「住」「曇」に通じ、何よりも、お母上の神功皇后住吉大社の御祭神の一柱です。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20210126153459j:plain
史跡難波宮跡発掘調査(NW00-11次)現地説明会資料(平成12年11月)

ブログランキング・にほんブログ村へポチっとお願い

f:id:Kaimotu_Hatuji:20210126143317j:plain
大阪歴史博物館 大阪平野の発展パネル

アラハバキ解・汎日本古代信仰の謎に迫る(連載中)

novel.daysneo.com