ものづくりとことだまの国

縄文・弥生・古墳時代の謎。古神社、遺跡、古地名を辿り忘れられた記憶、隠された暗号を発掘する。脱線も多くご容赦ください

にほんブログ村・ポチっとお願い PVアクセスランキング にほんブログ村

【東大谷日女命神社】畝傍山の東山麓 橿原神宮の北に鎮座するヒメミコの社

はじめに

橿原神宮の北に鎮座する #東大谷日女命神社。昨日「葛城山麓から畝傍山三輪山」の眺望を紹介しましたがその流れで #姫蹈鞴五十鈴姫命(ひめたたらいすずひめ)を御祭神とする #畝傍山山麓の当社に去年秋、お詣りしていたので報告

目次

本文

f:id:Kaimotu_Hatuji:20210825094749j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20210826142814j:plain
左)「葛城山麓から畝傍山三輪山」の眺望、右)畝傍山山頂から葛城金剛(葛城の大鴨)方面

www.zero-position.com

東大谷日女命神社(ひがしおおたにひめみことじんじゃ)

f:id:Kaimotu_Hatuji:20210826133730j:plain
東大谷日女命神社(ひがしおおたにひめみことじんじゃ)

(34.491400280057434, 135.7868103733049)奈良県橿原市山本町 橿原神宮駐車場から徒歩で約10分(神宮の北側。畝傍山山頂への登山道からアプローチ)

御祭神:姫蹈鞴五十鈴姫命(ひめたたらいすずひめ)(イスケヨリヒメ/ホトタタライスズヒメなど)

初代神武天皇(イワレヒコ)の皇后で、第二代綏靖天皇(カムヌナカワミミ)とカムヤイミミ(神八井耳)兄弟の御母上で、三輪山麓・狭井川のほとりの出雲屋敷 に住まいしていたと伝えられる姫巫女(ヒメミコ)です。

www.zero-position.com

狭井(さい)とは、初夏に艶やかな花を咲かせる山百合(やまゆり、ササユリ)のことで、姫蹈鞴五十鈴姫命を象徴する花として、大神神社(おおみわじんじゃ)では重要視されています。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20210826133756j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20210826133818j:plain
東大谷日女命神社 左)鳥居近くの陽石?、右)石段の向こうに拝殿

東大谷日女命神社 境内と御由緒

f:id:Kaimotu_Hatuji:20210826134029j:plain
東大谷日女命神社 拝殿

御由緒・拝殿の案内より)当社の創祀は不明であるが徳川時代においては氏神熊野神社として明治十一年頃まで熊野権現をお祀りされていた。そのころの祭神は伊弉册尊だった。 明治二十年(1887)頃から、当社を(延喜式神名帳に記述された)式内社・東大谷日女命神社とし、祭神を神功皇后へと変えたが、その後、姫蹈鞴五十鈴姫命に再度の変更。社名を東大谷日女命神社に変更した(明治三十五年(1902))

明治期に醸成された皇国史観の影響か、時代が落ち着いた明治中期ごろから、御祭神が二度も変更されるという紆余曲折があったようですね。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20210826133923j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20210826133947j:plain
東大谷日女命神社 狛犬

f:id:Kaimotu_Hatuji:20210826134008j:plain
東大谷日女命神社

PVアクセスランキング にほんブログ村ポチっとお願い

アラハバキ解 第45章公開 アラハバキ解(6)三輪山のサイノカミ空間

f:id:Kaimotu_Hatuji:20210826142031j:plain
ヤマユリ(2021年6月、生駒山で撮影)

ヤマト創世記の後半 神奈備の #三輪山 #狭井坐大神荒魂神社(#狭井神社)#花鎮社 #サイノカミ #やまゆり #出雲屋敷 #媛蹈鞴五十鈴姫命 #ひめたたらいすずひめのみこと

novel.daysneo.com