ものづくりとことだまの国

縄文・弥生・古墳時代の謎。古神社、遺跡、古地名を辿り忘れられた記憶、隠された暗号を発掘する。脱線も多くご容赦ください

にほんブログ村・ポチっとお願いブログランキング・にほんブログ村へ

ヤマト創世記【大物主神=事代主神?】出雲屋敷とイスケヨリヒメ伝承【山の辺の道・狭井川】

まとめ

飛鳥坐神社の「#事代主 が首渠神(ひとごのかみ)として神々を連れ #飛鳥の神奈備 に鎮座」という御由緒。その場所には諸説ありますが、シンプルに #三輪山 かも知れません #出雲屋敷 #イスケヨリヒメ #狭井川 #大神神社

目次

本文

山の辺の道・狭井川

三輪山の入山口、狭井神社(さいじんじゃ)を山の辺の道に沿ってしばらく進むと月山日本刀鍛錬道場(月山記念館)があり、ちょうどそのあたりに「(茅原の)狭井川」の道標が立っています。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20200919024425j:plain
狭井川の道標

www.zero-position.com

日本古代史の謎への道標

道から10m近く離れた緑が生い茂ったところに立っている古い道標で、字もかすれていましたが、文字起こししました。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20200918152137j:plain
狭井川ほとりの立て札(大神神社)2019年秋

当社の御祭神・大物主神の御子・伊須気余理比売命(いすけよりひめのみこと)の御住居は狭井川のほとり、この地域にあったと伝える(古事記) 狭井とは山百合のことであり、初夏には一帯に可憐な花を咲かせる。またこの地は古来より「出雲屋敷」といわれ、我が国の建国にかかわる極めて重要な場所である。大神神社

イスケヨリヒメは初代・神武大王(イワレヒコ)の皇后で、2代目の綏靖(ようぜい)大王の母。

古事記では『比売多多良伊須気余理比売、ヒメタタライスケヨリヒメ』、日本書紀では『媛蹈鞴五十鈴媛、ヒメタタライスズヒメ』。

古事記でははじめ「富登多多良伊須須岐比売、ホトタタライススキ(ギ)ヒメ」)という名でしたが、富登(ホト)の名を嫌ったといい、後にヒメタタラの名に改められたと書かれています。(探している「トミ」の文字が見えます)

イスケヨリヒメ(タタラの名を持つ姫)の歌

狭井川の道標と、向かいの月山記念館・入口横の万葉歌碑にイスケヨリヒメの歌(写真は桜井市HPより。揮毫は月山貞一氏。)

f:id:Kaimotu_Hatuji:20201002201129j:plain
イスケヨリヒメの歌(山の辺の道、月山記念館横)桜井市HPより

狭井河よ 雲立ちわたり 畝火山 木の葉騒ぎぬ 風吹かむとす

『狭井川よ。雲が立ち畝傍山では木の葉がざわめいています。今に大風が吹こうとしています』

イワレヒコ(神武大王)の崩御後、第二后妃・吾平津媛の息子、タギシミミがイスケヨリヒメを后にして、さらに次の皇位を狙うためヒメの息子(嫡子)ら(兄・カムヤイミミ、弟・カムヌナカワミミ)を殺害しようともくろんでいる時に、察知したヒメが、危機が迫っていること息子らに知らせるために送った歌とされています。(カムヌナカワミミが第二代・綏靖大王)

ヤマト創世記・出雲の記憶

イスケヨリヒメの宮は畝傍山にあり、息子たちは狭井川あたりの出雲屋敷に住んでいました。

なお、古事記はイスケヨリヒメを大物主神の娘としていますが、日本書記は出雲の事代主神コトシロヌシ)の娘としています。

両者(記紀)を単純比較する限り(大神神社の御祭神の)大物主神は、出雲の事代主神と同一神であると解釈することもできます。

ブログランキング・にほんブログ村へポチっとお願い

www.zero-position.com

www.zero-position.com