ものづくりとことだまの国

縄文・弥生・古墳時代の謎。古神社、遺跡、古地名を辿り忘れられた記憶、隠された暗号を発掘する。脱線も多くご容赦ください

にほんブログ村・ポチっとお願いブログランキング・にほんブログ村へ

【白雲大龍神・稲荷大明神】りんご娘に教えられ じゃわめぐ【岩木山神社(2)】

はじめに

岩木山神社 境内の #白雲大龍神タキツヒメ)#稲荷大明神トヨウケビメ)。青森のアイドルクループ #りんご娘 #RINGOMUSUME 彩香ちゃんのご当地レポートから、御祭神(五神)など、より詳しく知ることができました

目次

本文

2回目の今回は、岩木山神社青森県弘前市百沢寺沢27)の境内末社の白雲神社(白雲大龍神)、稲荷神社(稲荷大明神)、禊所(手水舎)を紹介(10月14日参拝)

f:id:Kaimotu_Hatuji:20201121100337p:plain
岩木山神社境内図 白雲神社 稲荷神社 禊所(手水舎)

www.zero-position.com

りんご娘に教えられ神紋読み

(神紋読み:開物発事の用語。神様(神社)の歴史・暗号を考察することをいいます。)

青森の農業活性化アイドルクループ『りんご娘 RINGOMUSUME』の彩香ちゃんのご当地レポートで岩木山神社の御祭神(五神)のことを教えてもらいました。

御祭神:顕國魂神(うつしくにたまのかみ)は 国土(クニ)多都比姫神(たつひひめのかみ)は 水の龍神宇賀能売神(うがのめのかみ)は 米の稲荷神大山祇神(おおやまづみのかみ)は 山の神坂上刈田麿命*1(さかのうえのかりたまろのみこと)は 神社再建の功で人神(命)として

また「中でも、とても働きの大きい(活発な)稲荷様と龍神様は、末社として別に稲荷神社と白雲神社を建てた」という権禰宜(ごんねぎ)の須藤典子さんのお話も紹介してくれていました。

へぇ~、そういう感覚もあるんだなぁと勉強になりました。

そこから調べて、白雲神社の多都比姫神(たつつひめのかみ)は宗像三女神タキツヒメ(お滝さま)のことで、稲荷神社の宇賀能売神(うがのめのかみ)は豊受姫、だということも知りました。

神社好きではありますが、お稲荷さんの神さまが、伊勢(外宮)の豊受の神さまと同一神という認識は、今までなかったですねぇ。。。

それにしても、この年で、アイドルに教えてもらうとは!(´▽`)。(記事末に彩果ちゃんの素晴らしいレポートをリンゴリンク)

f:id:Kaimotu_Hatuji:20201121104404j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20201121070429j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20201121070330j:plain
白雲神社(白雲大龍神)、稲荷神社(稲荷大明神)、禊所(手水舎)

白雲神社(白雲大龍神

白雲神社の周囲の水辺。流れがない泉のような感じで、岩木山からの伏流水が湧きだす龍穴かと思われます。

御祭神:多都比姫神(たつひひめのかみ)こと、タキツヒメ(お滝さま)

f:id:Kaimotu_Hatuji:20201121065819j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20201121065915j:plain
白雲神社(白雲大龍神

f:id:Kaimotu_Hatuji:20201121065718j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20201121065749j:plain
白雲神社(白雲大龍神狛犬

f:id:Kaimotu_Hatuji:20201121065626j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20201121065601j:plain
白雲神社(白雲大龍神狛犬

周囲は水気の多い所で苔むしています。結界が張られた御神域(祭場?)は、岩木山神社の拝殿の東側。

こういう場所は、九州の宗像大社(高宮祭祀)、京都の下鴨神社(切芝)でもみることができます。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20201121065322j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20201121065515j:plain
白雲神社(白雲大龍神

稲荷神社(稲荷大明神

『◯◯大明神』というのは神仏習合の時代以降、特に近世に、古くからの神様によく命名されました。

御祭神:宇賀能売神(うがのめのかみ)こと、豊受姫神(伊勢外宮の豊受大神)。宇迦之御魂神または倉稲魂命(うかのみたまのかみ)

f:id:Kaimotu_Hatuji:20201121155843j:plain
稲荷神社(稲荷大明神

祓所(手水舎)

ふつうの神社の手水舎とは趣が違い、三頭の龍の口から滝のように水が落ちています。

岩木山の伏流水だそうで、白雲神社の水辺の水脈とつながっているのでしょう。

鳥居のある参道からは右側にあり、参拝で手水舎を使う時、参道を横切り右に向かう形になります。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20201121070549j:plain
岩木山神社 祓所

f:id:Kaimotu_Hatuji:20201121070629j:plain
岩木山神社 祓所

f:id:Kaimotu_Hatuji:20201121070304j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20201121070237j:plain
岩木山神社 祓所

境内・参道沿いの水の流れ

祓所から出た水の流れはしばらくすると直角にまがり、浮橋を横切る形で、参道の反対側を流れ下りてゆきます。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20201121070212j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20201121070134j:plain
祓所からの水の流れは浮橋の下を横切り参道の反対側へ

f:id:Kaimotu_Hatuji:20201121070029j:plain
岩木山神社参道沿いの水の流れ

f:id:Kaimotu_Hatuji:20201121065406j:plain
岩木山神社 参道

f:id:Kaimotu_Hatuji:20201121065429j:plain
参拝後振り返ると。白雲がかかるお岩木山岩木山神社一の鳥居から)

ブログランキング・にほんブログ村へポチっとお願い

りんご娘 RINGOMUSUME 岩木山神社を舞台にしたMV、彩果ちゃんのレポート

岩木山神社を舞台にしたMV。JAWAMEGI NIGHT!

PV中、御祭神五柱が描かれた貴重な掛け軸が登場します。

youtu.be

「じゃわめぐ」は津軽弁で「からだじゅうがざわざわして、いてもたってもいられなくなるような高揚感」を言うそう。

なるほど。ねぶた祭りの夜や、津軽のじょんがら三味線を聴いたりする時の高揚感ですね。

神紋読みで、思わぬことろでタキツヒメに出逢って、じゃわめぎました。笑

りんご娘のメンバー(現在/王林、とき、彩香、ジョナゴールドの4人)の名前は、津軽のリンゴ品種から。

note.com

f:id:Kaimotu_Hatuji:20201121073804j:plain

*1:坂上田村麻呂のお父上。陸奥鎮守将軍