ものづくりとことだまの国

縄文・弥生・古墳時代の謎。古神社、遺跡、古地名を辿り忘れられた記憶、隠された暗号を発掘する。脱線も多くご容赦ください

にほんブログ村・ポチっとお願い PVアクセスランキング にほんブログ村

【三輪山平等寺】神仏の時代 三輪別所と云われた大神神社の奥の院

はじめに

JR三輪駅から #旧伊勢街道 を歩くと #三輪山平等寺。#聖徳太子 開基と伝えられる。花の手水舎には『黄金色の小麦畑と青い空を描いた』#ウクライナ 国旗。三輪は古代より盛んだった小麦栽培に発祥する #三輪そうめん が特産品 #聖徳太子 #島津義弘

目次

本文

伊勢街道と三輪そうめん

JR万葉まほろば線(桜井線)三輪駅を下車して、平等寺方面への大看板があるので、道なりに。

旧伊勢街道を進む途中に、奈良県三輪素麺工業協同組合の建物に立派な、大神神社の三鳥居がマークなんですね。

三輪は日本の三大そうめん産地の筆頭ですが、三輪山麓の土壌が『小麦』の生育に適していたことに由来します。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20220323135600j:plain
奈良県三輪素麺工業協同組合 シンボルマークは大神神社 三鳥居

f:id:Kaimotu_Hatuji:20220323150327j:plain
三輪山平等寺前から伊勢街道 雨上がりの耳成山がくっきり

(34.52693821551132, 135.85423358575875)/奈良県桜井市三輪38/三輪駅から徒歩10分

f:id:Kaimotu_Hatuji:20220322182017j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20220322182003j:plain
三輪山平等寺

三輪山平等寺聖徳太子の開基と伝えられます。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20220322181934j:plain
聖徳太子

花の手水舎に、豊穣な大地で育まれる『黄金色の小麦畑と青い空を描いた』ウクライナの国旗。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20220322181950j:plain
三輪山平等寺 花の手水舎

f:id:Kaimotu_Hatuji:20220322181915j:plain
三輪山平等寺 境内図

室町時代の古図には、隣接する大神神社(中央)に匹敵する広大な境内(右)が描かれています。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20220322181604j:plain
三輪山古図に描かれた三輪山大神神社平等寺室町時代

f:id:Kaimotu_Hatuji:20220322181902j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20220322181850j:plain
三輪山平等寺

f:id:Kaimotu_Hatuji:20220322181813j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20220322181838j:plain
三輪山平等寺

f:id:Kaimotu_Hatuji:20220322181801j:plain
三輪山平等寺 撫で仏・びんずるさん

奥の不動堂。お堂には『降魔殿』の額。

オソルオソル覗き込んだら、キラリと眼光が鋭い(光る!)お不動様がこちらを睨んでおられました。汗

f:id:Kaimotu_Hatuji:20220322181750j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20220322181737j:plain
三輪山平等寺 不動堂

f:id:Kaimotu_Hatuji:20220322181726j:plain
三輪山平等寺 仏足石

二重塔釈迦堂そばまで行くと、早春らしい、あま~い馬酔木(アセビ)の花の香り。

どこだろうと振り返ると、羅漢像の一体が香の物を差し出してくれていました。後ろにアセビの樹。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20220322181647j:plain
三輪山平等寺 羅漢像

f:id:Kaimotu_Hatuji:20220322181628j:plain
三輪山平等寺 馬酔木(アセビ)の樹

f:id:Kaimotu_Hatuji:20220322181659j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20220322181713j:plain
三輪山平等寺 羅漢像 二重塔釈迦堂そば

ハート♥という名の寺猫(さくら猫)。

ウマウマの後、満足げに毛づくろいしている様子(何をウマウマしていたのかは、、、触れないでおきましょう)

f:id:Kaimotu_Hatuji:20220322181614j:plain
三輪山平等寺 寺猫

戦国時代末期の慶長五年(1600年)、関ヶ原の戦いで破れたものの、東軍本陣を正面突破した 島津の退き口(のきぐち)で有名な島津義弘主従が、ここ平等寺に逃げ込み、約70日間潜伏した後、無事帰国した逸話が残されています。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20220322181529j:plain
三輪山平等寺 島津義弘公ゆかりの寺のノボリ

PVアクセスランキング にほんブログ村ポチっとお願い