ものづくりとことだまの国

縄文・弥生・古墳時代の謎。古神社、遺跡、古地名を辿り忘れられた記憶、隠された暗号を発掘する。脱線も多くご容赦ください

ポチっとお願い m(__)m ブログランキング・にほんブログ村へ

大阪市内 秦氏のこん跡 四天王寺・夕陽丘周辺

秦氏(はたうじ)のことをもっと知りたいと思うようになったのが「下鴨神社上賀茂神社」の違い、から。

これは「行ってみればわかる話」だが、同じ賀茂社なのに雰囲気が違う。

個人的感想だが、下鴨社は「カジュアル」、上賀茂社は「フォーマル」な感じ。もちろん、どちらがよいわるいではない。

なぜだろう?と考えていたが、

上賀茂社が創建された奈良時代、京都(山城)で大勢力になっていた「秦氏」が創建に関わったことが関係しているのかも知れない(天武天皇も関わった官製神社)

ただ、斎王さん(神様のお世話をする若い姫様)にしてみれば、平安京(実家)に近いこともあり、下鴨の方が居心地がよかった気がする 笑

*****

秦氏に関しては、今のところ「西播磨~大阪~摂津(淀川沿い)~京都(山城)~近江」という大きな視点で考えている。

西播磨より西(南)、近江より東(北)は今のところよくわからない。

これらのエリアにある秦氏に関連のあるところを、できるだけ回りたい。

都市伝説やネットで多く語られていることも含めて(もちろん否定もせず)、事実を積み上げ、考えてきたことと照らし合わせ、自分なりのストーリーにしたいと思う。

手始めに(地元)大阪夕陽丘から

ご存知、四天王寺は、丁未の乱(587年)で聖徳太子(軍)が劣勢から物部守屋(軍)を破り、その成就の証として荒陵(あらはか)に建立された(593年)

丁未の乱では、わずか10数歳だった太子を補佐したのが秦河勝(はたのかわかつ)であることはよく知られている。

本来、その役割は、蘇我馬子(そがのうまこ)のはずだが大阪市内、どころか、大阪府下のどこにも、蘇我馬子が実在したことを示す証拠は皆無 だ。

かといって、秦河勝の神社、遺構・遺跡も市内にはあまりないが、ほんの少しだけある。

大阪府下では摂津方面(淀川沿い)に多い。

東儀さん・ご先祖代々のお墓、天王寺区伶人

f:id:Kaimotu_Hatuji:20191007103221j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20191007103243j:plain
良運院(天王寺区下寺町)

左パネル(文字起し)

良運院(りょううんいん)には、千四百年にわたって四天王寺雅楽演奏に携わってきた天王寺樂人、東儀氏代々の墓所がある、同氏は、聖徳太子を経済的・軍事的に支えた秦河勝の子孫とされる。墓碑には「太秦宿祢(うずまさのすくね)」の姓が冠され、秦氏の首長系の子孫であることを示している。「聖徳太子伝暦」には、推古20年(612年)に百済より渡来した味摩之(みまし)が伎楽を伝えたと伝承される。太子の命により、この味摩之の弟子となったのが河勝の息子や縁者たちであった。ここに天王寺樂所(がくそ)の歴史が始まる。応仁の乱(1467-77)により京都の樂人が四散した際には、天王寺樂人は宮中に登用され舞楽の復興に寄与した。16世紀以降は、本拠地の天王寺に在住した本家筋の「在天樂人」と宮中の儀式等を担当した「在京楽人」とに分かれたが、ここに鎮まるのは「在天」の東儀氏の人々である。

右パネル(文字起し)

東儀一族は、秦河勝を祖とする雅楽師の名家で、天王寺楽所に属していた。中世後期からは官位を受けて宮中の楽師ともなり、江戸時代には徳川家光に招かれ、少数の庶流が幕府の樂人となった。明治3年に大部分の樂師が太政官雅楽局(現在の宮内庁楽部)に召集され東京に移住した。良運院には江戸前期からの本家歴代の墓所がある。大阪市教育委員会

*****

東儀さん一族が住んでいたのが、天王寺区伶人町。

伶人とは「雅楽を奏する楽人」のことだ。

天王寺七坂のひとつ、写真の天神坂を上りきった一帯で谷町筋に面している。四天王寺さんまで歩いて数分。

(看板が見える安居神社(安居天神)は、大坂夏の陣真田幸村公が自刃した所、戦い終えた幸村公像、戦死の跡の碑がある)

f:id:Kaimotu_Hatuji:20191007131347j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20191007103057j:plain
天神坂 四天王寺 鐘つき堂

四天王寺・鐘つき堂の鐘の音は「ラ」らしく、楽人が演奏の「音合わせ」に使っていたと聞いている。

鐘つき堂の手前が亀の池。写真にないがすぐ左に有名な舞楽の石舞台がある。

楽人の踊りと演奏にあわせてカメが優雅に踊りだすらしい ウソッ ノ゚Д゚)ノ

www.zero-position.com

秦氏はときどき書くスタイルで、今のところシリーズ化していませんが、テーマ直下・カテゴリーの「秦氏」クリック、または検索窓に「秦氏」で過去記事一覧
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村