ものづくりとことだまの国

縄文・弥生・古墳時代の謎。古神社、遺跡、古地名を辿り忘れられた記憶、隠された暗号を発掘する。脱線も多くご容赦ください

にほんブログ村・ポチっとお願い PVアクセスランキング にほんブログ村

【穴師坐兵主神社(2)】三神殿 三種の神器が揃って御神体

はじめに

先日紹介した #穴師坐兵主神社(あなしにいますひょうずじんじゃ)の続き。三神社の遷座の歴史を経て現在に至りますが #三神殿 の情報を表にまとめていてそれぞれの御神体「鏡」「勾玉」「剣」であることに気がつきました #三種の神器

目次

本文

穴師坐兵主神社(あなしにいますひょうずじんじゃ)三神殿の神社と御神体

www.zero-position.com

調べますと(Wikiなど)、もともと三ケ所にあった神社が、応仁の乱室町時代、1467~1467年)に、①と②が焼け、③に合祀され、後に現在地(①)に再度遷座するという複雑な歴史があったようですね。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20210916150242j:plain
穴師坐兵主神社 三神殿 神社と御神体

桜井市HPでは「本社(①)は崇神天皇(第10代)の時代、倭姫命(ヤマトヒメ)が天皇の御膳の守護神として奉祭せられた(桜井市史)」と説明されていますが、私の認識では伊勢(神宮)の初代斎王・ヤマトヒメは第11代垂仁天皇の第四皇女で、時代が合わないように思います。

www.zero-position.com

三神殿に三種の神器

表にしてみて、三神殿のそれぞれの御神体「鏡」「勾玉」「剣」で、合わせると、三種の神器 として揃っていることに気がつきました。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20210916152456j:plain
穴師坐兵主神社 拝殿の向こうに三神殿が並んでいます

なお、若御魂神社(②)の御神体に「鈴」が見えますが、もしかすると、銅鐸(どうたく)のことではないかと考えています。

もちろん、私たちが知るリンリンと鳴る「鈴」のことかも知れませんが、古代出雲族(鴨族)は銅鐸のことを鈴と呼んでいたようですから。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20210908122838j:plain
巻向山は三輪山の東

巻向山と三輪山は東西に連なりますが、南側の麓の現在地名は桜井市出雲。

若御魂神社(②)はもともと巻向山に鎮座していたとのことですから、出雲族の信仰の社であった可能性が高いです。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20210916153734j:plain
桜井市出雲(現在地名)と巻向山(三輪山と繋がっている)

*****

当ブログでは、桜井市出雲あたりをまだ紹介していませんが、近々訪問したいと考えています。(桜井市出雲には出雲の人、土師氏の祖、相撲の祖・野見宿祢(のみのすくね)の塚跡(34.52424592199099, 135.89425597118017)と五輪塔があります。)

● 穴師山一帯は、古墳の石室にも使用された花崗岩の産地であること、

www.zero-position.com

● 穴師坐兵主神社・摂社の相撲神社には、野見宿祢の居館があったカタヤケシ伝承が残ること、

ことから、古い時代から、一帯では採石のための採掘がされていたはずで、穴師の名の由来になったと考えられます。

www.zero-position.com

f:id:Kaimotu_Hatuji:20210914061908j:plain
穴師坐兵主神社 境内

PVアクセスランキング にほんブログ村ポチっとお願い

f:id:Kaimotu_Hatuji:20210916172548j:plain