ものづくりとことだまの国

縄文・弥生・古墳時代の謎。古神社、遺跡、古地名を辿り忘れられた記憶、隠された暗号を発掘する。脱線も多くご容赦ください

ポチっとお願いブログランキング・にほんブログ村へ

【まるで推理小説(2)】大兄皇子 間人と中皇命(なかつすめらみこと)【中宮天皇の謎】★★★

野中寺 金銅製の弥勒菩薩半跏像の銘文に書かれた『中宮天皇』とは

前回の続きです。

古代妄想レベル:★★★=MAX ★★=MEDIUM ★=MIN or A LITTLE

www.zero-position.com

正史にない『中宮天皇』とは誰なのでしょうか。

それを考えるために、二つのポイントを紹介します。

大兄皇子(おおえのおうじ)

この時代、大王の就任時に、次の大王候補として「大兄皇子(おおえのおうじ)」が決められます。

舒明大王には、二人の妃がおり、それぞれに息子がおり(しかもやっかいなことに)二人とも大兄皇子でした。

法提郎女(ほほてのいらつめ)には古人大兄皇子(ふるひとのおおえのおうじ)、宝皇女(たからひめみこ、皇極・斉明女帝)には中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)。

第一皇子は古人で、それゆえ、後の天智大王は、この時、第二という意味で「中」の大兄皇子だったのです。

古人は、乙巳の変(645)で入鹿が暗殺されたのを目の当たりにし、恐怖から吉野に出家しました。

にもかかわらず、直後に中大兄皇子(当時19才)に攻め殺されたと正史で伝えられています。

これが第一のポイントです。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20200705154108p:plain
野中寺 弥勒菩薩半跏像が制作された666年前後の歴代天皇(2)

というのは、19才の若者が、何の後ろ楯もなく、入鹿(崇仏派)と古人(仏教に帰依)の二人を殺すという荒っぽいことができるのでしょうか。

そして、このクーデターのような事件が相次いだ年に、大王となった考徳が、飛鳥を離れ、難波の地(古代上町半島)を転々としました。

彼が真に恐れたのは、中大兄皇子でしょうか、それとも、実質的に大后になった宝皇女でしょうか。

・・・推理にもならないほど、わかりやすい展開ですよね。

本当であれば、古人がいなくなった時点で、宝皇女は19才の息子を大王にできたのでしょうが、生々しい事件の直後でもあり、母親(大后)としては、

自分が実権を握りながら、弟をワンポイントの大王にしたというのが一番ありそうな話です。

実際、孝徳大王の後に、再度、斉明女帝として大王の位に就いています。

では、なぜ後妻でしかも連れ子までいた宝皇女が、これほどまでに権力をコントロールできたのでしょうか。

大王が急逝した場合、印璽(いんじ)を預かっている皇后が、次の準備が整うまで、権力の 中継ぎ をしたからです。

簡単な話、宝皇女ほどの「ヤリテ」なら、孝徳大王に印璽を渡さないまま、大王に就かせることができたかも知れません。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20200703082350j:plain
難波宮 八角殿跡

間人(はしひと)

そういう立場の皇后を「間人」あるいは「中宮」と呼んだと思います。

同じように急逝した用明大王の奥さんが、穴穂部「間人」皇女と云われた例もありますから(聖徳太子のお母さん-中宮寺

ということは、考徳大王の皇后、間人皇女(はしひとのひめみこ)も、大王の死に際して、大后・宝皇女と同じ立場になった。

ここが第二のポイントです。

そして、二人の『間人』のうちどちらかが、万葉集で中皇命(なかつすめらみこと)と呼ばれた(万葉集の作者名)。

シャレみたいな話ですが、間をつなぐ『中』継ぎの人、つまり「間人」が『皇命、すめらみこと』と呼ばれた。

意味的には野中寺(やちゅうじ、大阪府羽曳野市)の弥勒菩薩像銘文に書かれた『中宮天皇』と同じです。

となると、候補者は二人しかいません

宝皇女(斉明女帝)か。間人皇女か。

江戸期の国学者荷田春満は『中皇命』を間人皇女とする説を唱えています。

一方、斉明女帝を『中皇命』とする説も根強くあります。

さて、江戸以来のこの論争。はたしてどちらなのでしょうか。

次回、原点に戻って、野中寺の弥勒菩薩像銘文をもとに考えてみたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へポチっとお願い

www.zero-position.com

www.zero-position.com