ものづくりとことだまの国

縄文・弥生・古墳時代の謎。古神社、遺跡、古地名を辿り忘れられた記憶、隠された暗号を発掘する。脱線も多くご容赦ください

にほんブログ村・ポチっとお願い PVアクセスランキング にほんブログ村

【知恩院(浄土宗総本山)】大鐘楼 アインシュタイン博士の京都実験

はじめに

京都東山 #華頂山(かちょうざん)の麓 浄土宗の総本山 #知恩院華頂山知恩教院大谷寺)。大みそか ゆく年くる年の除夜の鐘で知られる #大鐘楼。かつて #アイシュタイン博士 は重さ約70トンの大釣鐘の中に立ったまま大鐘を突いてもらったそうです

目次

本文

知恩院(浄土宗の総本山)

浄土真宗本願寺派西本願寺)と浄土真宗大谷派東本願寺)の各700万人、信徒数が続いて多いのが浄土宗の600万人。

その浄土宗の総本山が知恩院(正式名称:華頂山知恩教院大谷寺)。京都東山の華頂山(かちょうざん)の麓にあります。

知恩院から華頂山

知恩院 境内図

御影堂(本堂)は、第三代徳川将軍・家光の時代に建立(寛永16年、1639年)。

開祖・法然上人の八百年大遠忌を記念して、9年の歳月をかけた平成大修理は、令和元年11月に完了、一昨年の令和二年四月に落慶法要が行われました(コロナの影響で大幅に規模を縮小して行われました)

知恩院 国宝 御影堂(本堂)右は経蔵

知恩院 大鐘楼

まいまい京都のツアーに参加して、日ごろ一般非公開の経蔵や大方丈(内部は撮影禁止)、大みそかゆく年くる年』の除夜の鐘で有名な大鐘楼を見学してきました。

知恩院 大鐘楼

高さ3.3メートル、直径2.8メートル、重さ約70トンの大釣鐘(延宝6年(1678))は、京都・方広寺、奈良・東大寺の釣鐘とともに知られています。

知恩院 大鐘楼(僧侶がツアーガイド)

知恩院の僧侶さんがガイドするツアーで近づいて詳しく見学。

知恩院 大鐘楼

とにかくデカい!

知恩院 大鐘楼

知恩院 大鐘楼 南無阿弥陀仏

大鐘楼の下にもぐりこんで、見上げました。

かつてアインシュタイン博士は、自らこの場所に立って、外から鐘を突ついてもらったそうです。

さて、どうなったでしょうか?

知恩院 大鐘楼

大鐘の音の波「ゴ~~~~~ン」は、内側に向かって集まるとき干渉しあって「コ~ン」程度に減衰するそう。

アインシュタイン博士は、そのことを予測したうえで、中に居ながら鐘を突いてもらったそうです。さすがですねっ!

実際に大鐘を突く様子は、毎年12月27日(14時~)に僧侶による試し突きが行われ、見学できるとのこと。


www.youtube.com

知恩院 大鐘楼

ツアー終了は閉門後の時間帯で、御影堂の扉が閉められていました。

お土産は、2年前の落慶法要の記念品。

散華(さんげ)は、迦陵頻伽(かりょうびんが)と龍。 迦陵頻伽とは、インドの鳥神・ガルーダのことです。

知恩院 御影堂落慶法要の記念品

PVアクセスランキング にほんブログ村ポチっとお願い