ものづくりとことだまの国

縄文・弥生・古墳時代の謎。古神社、遺跡、古地名を辿り忘れられた記憶、隠された暗号を発掘する。脱線も多くご容赦ください


ポチっとお願いブログランキング・にほんブログ村へ

【天の岩屋、神々が集まる所】京都市 神楽岡とよばれた吉田山【吉田神社 摂社 神楽岡社】

f:id:Kaimotu_Hatuji:20200205014145j:plain
吉田神社 境内摂社 神楽岡社 神饌にフルーツ

女神アマテラスが岩屋に籠り、日本中が暗闇に包まれた「天の岩屋(岩戸)」の神話。

主なところでは宮崎県(天の岩戸神社)、三重県二見興玉神社)に伝承地が残っているが、あまり知られていないが、実は京都市内にもある。

京都大学東側の吉田山、ふるくから神楽岡(かぐらおか)と称され、近くの神楽岡通りは、丘の名からついた。

吉田神社の神官家の『諸社根源記』には「天照大神が天岩屋に隠れた時、八百万の神々が集まって神楽を奏した地が、この地に天降って山となった」と伝えられている

「神々が集まる」イメージは出雲の「神有、かみあり」に近く、また、この伝承が『ここに参れば(神様が集まっているので)全国の神社に詣でることと同じ効験がある』と云われる境内社・斎場所大元宮(さいばしょだいげんぐう)造営に関係しているように思う。

www.zero-position.com

吉田神社

御祭神:健御賀豆智神(たけいかづちのかみ)、伊波比神(いはひのかみ)、天之子八根命(あめのこやねのみこと)、比売神(ひめのかみ)

平安京の鬼門にあたる神楽岡に859年(清和天皇貞観元年)吉田神社が創建され、室町中期には吉田兼倶(かねとも)(卜部(うらべ)兼倶とも)が「斎場所大元宮」を造営、明治期まで日本の神道に影響力をもった「吉田流神道唯一神道)」の本拠となった。(吉田神社・本宮前の立札を要約)

f:id:Kaimotu_Hatuji:20200204123638j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20200204123940j:plain
吉田神社 本宮への石段

f:id:Kaimotu_Hatuji:20200204123915j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20200204123316j:plain
吉田神社 本宮と立札

f:id:Kaimotu_Hatuji:20200203181903j:plain
新撰京都名所図会より

境内摂社 神楽岡

境内北西の高い所に鎮座する摂社・神楽岡社は、吉田神社の創建以前の古社で創建は不明、大雷神(おおいかづち)、大山祇神(おおやまづみ)、高龗神(たかおかみ)を祀っている。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20200204130148j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20200204130215j:plain
神楽岡

延喜式神名帳(延長5年(927年)の神社データベース)には『霹靂(へきれき)神祭三座(坐山城国愛宕郡神楽岡西北)』と書かれており、雷除けの神として崇敬されているという。

地主神(地元の神)とされるが、私が考えるに、大山祇神と高龗神は出雲の神様だ(高龗神は貴船神社(鞍馬)の御祭神。大雷神はわからないが出雲の可能性が高い)

f:id:Kaimotu_Hatuji:20200204130121j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20200204130059j:plain
神楽岡社から吉田神社本殿(春日造)と千木が見える 外(縦)削ぎ

神楽岡の周辺は縄文時代から人が住み続けていた

京都大学を含めた吉田山周辺と、北東の白川エリアでは10以上の縄文遺跡が報告されている(京大構内にも遺跡)

鴨川の東エリアで『鴨東、おうとう』ともいわれる。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20200204115345p:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20200204115406p:plain
白川・吉田一帯 縄文遺跡 北白川の縄文世界(京都埋蔵文化財研究所)より

神楽岡(吉田山)を中心におおよそ、東北の白川方面は縄文中期~後期、西の吉田方面は縄文中期~晩期(弥生前期)の遺跡。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20200204132947j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20200204151752j:plain
京都大学博物館 北白川遺跡群 展示

縄文の人々が日本海側から浸透した地域には、必ずといってよいほど出雲族が同居し、イワクラや神名・地名にこん跡を残している。

例えば京都ではほかに下鴨神社賀茂御祖神社)など(鴨=出雲、その祖神を祀る。出雲氏の支配地域)

こういう信仰のこん跡がたくさんの地域に残っていることから「縄文と出雲」は平和に習合したと考えている。

弥生前期~中期にあたり、まだ現在の神社という様式が確立される前の話だ。

縄文と出雲の習合ルート(主な例)

www.zero-position.com

(参考、記事一部)古代出雲人は縄文人寄り(2020年1月15日、朝日新聞デジタル

※記事はすでに消えていた。キャッシュからコピペ

古墳時代の出雲人は、同時代に関東で見つかった人骨や現代の日本人よりも、縄文人に近い遺伝子を持っている――。出雲市で発見された古代人骨のDNA解析※ から分かった。古代出雲では、大陸から来た弥生人との混血が進んでいない可能性がある(出雲市・出雲弥生の森博物館で昨年12月、猪目洞窟遺跡で発見された古墳時代(3~7世紀)のものとみられる人骨のDNA解析結果の報告会より)※母系ミトコンドリア

百万遍と大元宮

京大キャンパス北に百万遍の交差点、地名は百萬遍知恩寺知恩寺京都市左京区田中門前町)からで、寺名の由来は「百万遍念仏」。

念仏を七日間で百万遍唱えると成仏できる信仰で、現実には難しいので、例えば「10人で10万回唱えればOK」という融通念仏が発祥した所。

この「融通の利く」考え方が、斎場所大元宮に似ていると思うのは気のせいだろうか。

ブログランキング・にほんブログ村へポチっとお願い