ものづくりとことだまの国

縄文・弥生・古墳時代の謎。古神社、遺跡、古地名を辿り忘れられた記憶、隠された暗号を発掘する。脱線も多くご容赦ください

にほんブログ村・ポチっとお願いブログランキング・にほんブログ村へ

【時の地層】遥か古代のイワクラから広島駅(新幹線)を臨む 金光稲荷神社 奥宮【広島東照宮の奥、双葉山中腹】

新幹線・広島駅から北の方向。山頂に仏舎利塔が見えるのが二葉山(ふたばやま)(2020年元旦記事)

www.zero-position.com

二葉山の麓には神社仏閣が多いが、広島東照宮(創建1648年、主祭神東照大権現徳川家康公)もそのひとつ。

広島東照宮境内社として、宮の奥の二葉山山腹に朱色の鳥居が並ぶ、金光(きんこう)稲荷神社がある。

参詣道には徳川家康公の御遺訓の看板が立てられていたので、あわせて紹介。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20200104153743j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20200104153805j:plain
広島東照宮・拝殿奥から出て金光稲荷神社

f:id:Kaimotu_Hatuji:20200104154613j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20200104150041j:plain
金光稲荷神社(お産稲荷は広島東照宮境内)

f:id:Kaimotu_Hatuji:20200104155306j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20200104155327j:plain
(1)御産稲荷社 子授・安産・子育

f:id:Kaimotu_Hatuji:20200104155756j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20200104155820j:plain
金光稲荷神社 本殿 参詣道の朱の鳥居

f:id:Kaimotu_Hatuji:20200104160224j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20200104160242j:plain
(2)出世稲荷社 昇進出世

f:id:Kaimotu_Hatuji:20200104160630j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20200104160617j:plain
(3)三狐呂(さんごろう)稲荷社 請願成就

f:id:Kaimotu_Hatuji:20200104162000j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20200104162022j:plain
(4)玉成稲荷社 商売繁盛

f:id:Kaimotu_Hatuji:20200104162350j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20200104162333j:plain
(5)玉秀稲荷社 健康病気平癒

f:id:Kaimotu_Hatuji:20200104162718j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20200104162659j:plain
(6)奥宮

f:id:Kaimotu_Hatuji:20200104163114j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20200104163134j:plain
金光稲荷神社 奥宮から広島駅の方向

奥宮は見晴らしのよい所で、境内から広島市街、広島駅を見下ろすことができる。

奥宮のすぐ横・山側の大きな岩の洞(ほら)に狐さんの小さな祠。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20200104163159j:plain
金光稲荷神社 奥宮のイワクラ(跡)に狐さん

洞に信仰の対象が置かれていることから、稲荷社ができる以前はイワクラだったのだろう。

イワクラは出雲の信仰のカタチ。この奥宮も神聖な場所だったと思われる。

広島市は、ほんの四百年前でも平野部がほとんどなく、現在の市街地は江戸期以降に埋め立て開発された。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20200104172156p:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20200104203432p:plain
左)四百年前の広島市の陸地、右)左の四角に右図。金光稲荷神社

さかのぼって考えると、縄文の時代から人が住めるエリアは限られており、海(潟)に浮かぶ島であった二葉山には、縄文の人々や出雲族が住み、イワクラ信仰もあったと妄想している。

金光稲荷神社は、東照宮境内社として1750年ごろ(元禄時代)に創建された新しい神社だが、それ以前からの長い信仰の歴史が奥宮のイワクラ跡に残されていると思う。

推定する根拠は3つ。

● 二葉山と繋がっている近くの比治山(ひじやま)で複数の縄文遺跡が発見されている

● 二葉山・シリブカガシ(ドングリの仲間)の日本最大の群生林(おそらく縄文以来の森)

● 広島のタタラ鉄の歴史(弥生期、出雲文化の到来と習合、おそらく金光という名の由来)

長くなるので、金光稲荷神社・鳥居そばの案内板を紹介するだけにしておく。他の2つはまたあらためて書いてゆきたい。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20200104183346j:plain
シリブカガシ群生林の案内板

近年の縄文研究では、藤森栄一氏が提唱した「縄文農耕論」が定説になりつつある。

縄文集落ではドングリ類やクリの管理栽培で、人為的に群生林を作り、おそらく、その形が日本各地の「里山」の姿に残されている。

藤森氏は「となりのトトロ」のお父さんのモデルと云われる。藤森氏のことを書いた記事

www.zero-position.com

www.hiroshima-toshogu.or.jp