ものづくりとことだまの国

縄文・弥生・古墳時代の謎。古神社、遺跡、古地名を辿り忘れられた記憶、隠された暗号を発掘する。脱線も多くご容赦ください


ポチっとお願いブログランキング・にほんブログ村へ

日本のミケランジェロと聖母マリア像【松本喜三郎 観音菩薩像 不気味の谷を遥かに越えた究極美】

生人形師(いきにんぎょうし)と云われた松本喜三郎観音菩薩像。

息遣いが薫りになって漂うような・・・いろいろ考えてみたが言葉が見つからない。ほどの美しさ。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20200123201130j:plain
松本喜三郎 観音菩薩像 二体

大阪歴史博物館。押絵「西国三十三所音霊験記」と生人形・開催中(~3月2日)開催にあたって(文字起こし)

熊本出身の生人形師、松本喜三郎の代表作「西国三十三所音霊験記」は明治時代に東京の浅草、大阪の千日前などで見世物興行され、大いに人気を博しました。押絵「西国三十三所音霊験記」は、その生人形の意匠をもとに、明治42年(1909)~大正2年(1913)にかけて熊本の3人の女性によって制作されました。完成した作品は約20年にわたり大阪を含む各地の寺院、百貨店棟を巡り展示公開されました。・・・押絵作品は、昭和28年(1953)、熊本市内の観音絵馬堂に奉納されます。作品群は熊本県益城町文化財として受け入れ、平成26年度に修復事業を開始します。平成28年4月の熊本地震では、修復終盤の段階でしたが、被害の最も激しい地域にありながら、奇跡的に無傷で救出され、修復完成の後、再び公開されるようになりました。(大阪歴史博物館NPOくまもと文化財プロジェクト)

西国三十三所音霊験記(押絵)、五点紹介

松尾喜三郎の最高傑作と評価される「西国三十三所音霊験記」の最後、第三十三番の谷汲観音。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20200123034303j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20200123034239j:plain
第三十三番 美濃 谷汲山 華厳寺

見世物興行で使用された生人形があまりに出来栄えがよく、喜三郎が故郷の菩提寺、浄国寺に寄進したことで海外流出を免れた逸品。

写真は大阪歴史博物館ホームページと松本喜三郎作品の紹介本より。

完璧な均整。何かを語るような表情と指先の表現。浮世絵の要素もふんだん。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20200123072803j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20200123072823j:plain
第三十三番 生人形(写真) 谷汲観音 浄国寺(熊本市)所蔵

拝観には事前連絡が必要とのこと。リンク先の「よくあるご質問」で確認してください。

www.joukokuji.net

空鉢(そらばち)の霊験譚は、信貴山朝護孫子寺(空鉢護法堂)が有名(国宝・信貴山縁起。山崎長者の巻(飛倉の巻))だが、一乗寺にも類話が伝えられている。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20200123040444j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20200123040423j:plain
第二十六番 播州 一乗寺

f:id:Kaimotu_Hatuji:20200123040803j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20200123040729j:plain
第二十三番 摂津 勝尾寺

f:id:Kaimotu_Hatuji:20200123041135j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20200123041113j:plain
第十六番 京 清水寺

f:id:Kaimotu_Hatuji:20200123041734j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20200123041715j:plain
第三番 紀州 粉河

来迎院(熊本市)聖観世音菩薩像

こちらの観音菩薩像は、明治二十年、松本喜三郎が寄進するために制作したもの。

ただただ、美しい!のほかに言葉がない。

こちらも、リンク先を確認の上、拝観してください。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20200123072849j:plainf:id:Kaimotu_Hatuji:20200123072838j:plain
聖観世音菩薩像 来迎院(熊本市)HPより

www.raikouin.or.jp

前回記事

www.zero-position.com

f:id:Kaimotu_Hatuji:20200121173713j:plain
押絵「西国三十三所音霊験記」と生人形(~3月2日)大阪歴史博物館