ものづくりとことだまの国

縄文・弥生・古墳時代の謎。古神社、遺跡、古地名を辿り忘れられた記憶、隠された暗号を発掘する。脱線も多くご容赦ください

物部さん考(10)戦国時代・石山合戦図に見える本願寺・大阪城の前 モノノベ式聖地

f:id:Kaimotu_Hatuji:20190614130745j:plain
石山合戦配陣図(和歌山市立博物館蔵。石山合戦(1570-1580)当時の石山本願寺織田信長軍の配置図)に現在の大阪を少し書き込んでみた

秀吉公の前、今の大阪城の地には、石山本願寺という浄土真宗門徒さん)の大きな寺と寺内町(じないまち)が発展していた。

名の通り「石の山」に建てたことから、石山本願寺と呼ばれるようになった。

大きな坂・小さな坂が多い一帯で、その様子が大阪(大坂)の名の元にもなった。

古地図に現在の南北を通る筋をおおよそ書き込んでみた。

私の地元、四天王寺近くの上町台地夕陽丘あたり、松屋町筋を起点に、古地図の「砂場(古地図では二か所)」から四ツ橋筋の線を引いてみた。

砂場とは現在の大阪市西区新町(四ツ橋筋)、秀吉時代には木材・石材置場になった所。人足相手に繁盛したここの蕎麦屋、後に江戸に移転して老舗となった。

松屋町筋四ツ橋筋のおよそ中間がメインストリート・御堂筋だが、戦国時代には半分海底。

道頓堀・法善寺横丁は「水掛け不動」で知られるが、隣に無事航海を祈る金毘羅さんがある理由は、この古地形を見るとわかる。

*****

石山本願寺大阪城築城前)の一帯を拡大してみた。

現在の大阪城は、この区画の右側一帯。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20190614130757j:plain
石山合戦配陣図の中の石山周辺(現在の大阪城周辺)

浄土真宗の中興の祖・蓮如上人の名の杉の木(連如杉)、住まいであった石山御堂が見える。

現在の大阪城・内堀に相当する石山の内には、当時でも「亀ケ池」「白竜池」に囲まれた鳥居のある巨大な神域が描かれている。

これが生玉神社。亀と竜、おそらく古代は浮島系の様式だ。

古代、ひとつの大きな池で、本殿へは天の浮橋(太鼓橋)を渡っていた姿が想像される。もしかしたら舟かも知れない。

もう一点。上町半島の中で、最も標高が高い丘に生玉神社はあった。天守閣周辺の標高は38メートルで、これより高い所は大阪市内にはない。

私がイメージする物部氏の聖地、祭祀場の姿とは、

浮島は天に近く、水が流れ出す場所

1490年ごろからの本願寺造営後、百年を経ても「神域」にはあまり手が加えられていなかった様子がうかがえる。

磐座が多数・・・「石山」の名の由来になったと考えるのが自然だ

古墳説もあるが、墳墓に磐座(あるいは鳥居)が置かれることはない。逆に言えば磐座のあるところに墳墓は造られない。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20190614130916j:plain
大阪城周辺(グーグル3D地図)

大阪城の3D地図の左下に少し見える緑のエリアが難波宮(なにわのみや)。

上町半島の複数個所が仁徳天皇の高津宮(こうづのみや)の候補地として挙げられていたが、近年、難波宮説が高くなっているそうだ。

つまり、物部氏仁徳天皇の宮を、北から見下ろす位置に聖地を置いていたことになる。

この位置関係、当時の物部氏の権勢・権威のスゴさをうかがわせる。

f:id:Kaimotu_Hatuji:20190614150812j:plain
難波宮大極殿跡から北に大阪城天守閣をのぞむ

www.zero-position.com

www.zero-position.com

www.zero-position.com

*****

「物部さん考」の記事は連番で書いています。記事をお探しの場合は、テーマ直下のカテゴリー「物部氏」をクリックすると記事一覧ページが表示されます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村